画像よりもテキストを使おう

2012.12.16|SEOテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

画像よりもテキスト

SEO対策意識してサイト運営をするならば、画像よりもテキストを使った方が良い場面が多々あります。

風俗店のウェブサイトの場合、華やかさを出したりする為に画像ばかり使われる傾向がありますが、それはマイナスかもしれません。

何故なら、Google(グーグル)検索エンジンロボットは、画像に何が表示されているかまでは分からないのです。

ですから、画像として文章を載せたり、料金表を画像にしていると、検索エンジンロボットは、画像だけ張り付けられているページだと認識してしまうかもしれません。

ですから、画像とテキストの両立は必要なのです。

画像よりもテキストを使った方が良い例

ページタイトルが、例えば「当店のコンセプト」だったとしたら

そのコンセプト内のページが画像一枚だけで表示されていたら危険です。

ページタイトルは、恐らく「当店のコンセプト|東京デリヘルサンプル学園」だったとしましょう。

でもページの中身が画像だけだと、検索ロボットは当店のコンセプトっぽいコンテンツ何もないじゃないか!!!

そう認識して、価値を下げてしまうかもしれません。

ですから、見栄えも大事ですが検索エンジンが何のページでどんな内容が書いてあるのか分かるように、画像とテキストを両立させるのが理想と言えるかもしれませんね。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。