内部SEO対策の方法 後半

2016.3.14|SEOテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

前回に続きまして後半では、質の高いコンテンツを作るにはどうしたらよいのかを紹介しています。

タイトルの設定方法
・キーワードを入れて興味を引く
検索上位にいきたいキーワードをタイトルにいれます。購読者さんもそのタイトルに惹かれて購読する可能性もでてきます。

記事コンテンツ
・アイキャッチ画像・動画
見る側にとって文章だけだと離脱率が高くなってしまいます。
文章だけのサイトと画像や動画があるサイトでは、後者の方が購読時間が長い傾向にあります。

・文章構成(問題提起⇒解決案⇒根拠、事実⇒考察⇒感想)
ただ文字を書いているだけですと何をいっているのか分からなくなってしまい、購読時間につながってしまうと思います。

・文章量を多くする
文章量が少ないと見る側も内容が薄いのではないかと考えてしまいますので、文章量は多いほうがよいです。SEO的にも文章量が多いほうが評価されやすいです。
しかし、文章量が多いけど中身が薄いコンテンツが一番良くないといわれています。

・オリジナルの文章(自分の考えや感想)
コピペなどの文章はSEO的にもよくないにで絶対にやめたほうが良いです。

ユーザビリティを考える
・難解な言葉は使わない
初心者の方に専門用語を使っても分かりませんので、初心者のかたにも購読してもらうには初心者にも分かりやすい言葉が必要です。

・見出しをつけて分かりやすく
本も目次を書いて見やすくなっていますので、記事も見出しをつけて分かりやすくします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。