内部SEO対策の方法 前半

2016.3.3|SEOテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

内部SEO対策を行うに当たって質の高いコンテンツを作成することが重要になってくることを解説している動画です。

前半の内容だけになりますが簡単に説明を行っていきます。

SEO
・ドメイン
ドメインをしっかりと意識することで内部SEOに効果があります。

・テンプレート
サイトの外観でデザインやSEO的に有料の方が優れていますので、有料をおすすめしています。

・サイト・記事タイトル
サイト・記事タイトルも内部SEO対策に重要な意味を持っていますので、適当でいいやという感覚
ではなくしっかりと考えてあげたほうがよいでしょう!

・記事コンテンツ量
記事コンテンツ量が少ないと購読してくれる人もすぐに見てくれなくなってしまいますので、
記事コンテンツ量はたくさん上げることが理想です。

・サイトの更新頻度
サイトの更新頻度が低いと検索にヒットされにくくなってしまいますのでサイトの更新頻度は
高くしていくことが望ましいです。

・各種タグ
内部SEOに高い効果を発揮しますので、こちらも最低1つは設定したほうがよいです。

・滞在時間、離脱率
滞在時間は長く、離脱率は低いほうが高いSEO対策につながっていきます。

・内部リンク
自分の記事から別の記事にリンクを張ることです。こちらの動画では分かりやすくいうとクモの糸のようで記事を1つ1つつなげていくと解説されています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。