デリヘルSEO対策の落とし穴

2012.12.12|デリヘルSEOの危険な罠

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

風俗店、デリヘル店さんなんかは、特に開業当初や資金が乏しい時などは自分でSEO対策をやる事が多いですが
実はSEO対策は、半端な知識でやると危険がいっぱいなのです。

何が危険かと言いますと、Google(グーグル)さんにペナルティを科せられる場合があるのです。

今回は最も陥りやすい「相互リンク」について。

一般的なSEO業者さんは、アダルト系(風俗等)のSEO対策はやらない場合が多々ございます。
それは何故かというと、多々理由がございますがその一つとして「怪しいサイト」が多いからです。

ウィルスが仕込まれていたり、違法なコンテンツがあったり、ブラックハットなSEO対策をがっつりやっているところ等が多い傾向があります。

そういったヤバいサイトと相互リンクをすると、リンクを貼っただけでペナルティになる可能性があるのです。
基本的に、自社で運営しているブログや、各種風俗ポータルサイト以外での宣伝が難しい業種ですから、少しでも被リンクを稼ごうと頑張っている店舗さんは多いですが、最近は特に

量ではなく、質を重視する 状況になっています。

つまり、価値の無いサイトから大量の被リンクを受けたとしても、効果は薄いという事。

なりふり構わず色々なサイトと相互リンク関係にあれば、怪しいサイトが多い業界ですから、ブラック系があったりします。

ですから、価値の無いサイトと大量に相互リンクをしたり、信用の無いサイトに発リンクしていると逆効果になる可能性があるのです。

 

こういった観点から、セルフで出来るSEO対策は限られてきており、特に激戦区ではSEO対策業者を使っていなければ、使っている店舗に検索順位で勝てないという状態が多いですよね。

さらに、自動で相互リンクが増えると謳っているサイトなんかは、完全にGoogleのガイドラインに違反していますから危険なのです。

村八分ならぬ、Googl八分になってしまっては、本末転倒!

一度そういったペナルティを受けたドメインは、怪しいサイトからのバックリンクを外さなければ解除されないという面倒くさい状態になるかもしれません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。