発リンクと風俗SEOの関係

2012.12.7|デリヘルとSEO

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

風俗サイトは、基本的にかなりの量の広告サイトに掲載依頼をする事が多いのではないでしょうか。

相互リンクや無料掲載をしてもらう際に相手から要求があるのが

年齢認証ページにバナー等のリンクを貼る事

リンクページ等にバナーを貼る事

これが多かったりします。

風俗系のポータルサイトやランキングサイト、求人サイトを合計すると数百~とかなり多いですが、全ての無料掲載サイトのリンクを貼ると、サイト内の発リンク率がかなり上昇し、Google(グーグル)等の検索エンジンから「リンクファーム」と認識を受けたり等、SEO対策にとってマイナス面に働く場合が多々ございます。

さらに、相互リンク等の無料掲載を多く登録するのは起業当初のウェブサイト(ホームページ)開設から日にちが浅い場合が多く、あまりよくありません。

ですから、サイト内の発リンクと外部リンクのバランスをとる必要があるのです。

一般的に、1つのページからの発リンクは多くても50といわれていますから、1つのページに数百等のリンクを貼っていた場合は上位表示が難しい場合があります。

あまり効果がない無料掲載媒体などのリンクは、アクセス解析などで確認後削除してしまうのが良いでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。